Oct/25 - 27, 2019 Imari Ton Ten Ten Festival

Sightseeing information about Oct/25 - 27, 2019 Imari Ton Ten Ten Festival in Japan.


Oct/25 - 27, 2019 Imari Ton Ten Ten Festival4.3

LINEで送る
Go to this eventGoogle Transit

 from 10/25 '19 to 10/27 '19

GoodSeasonJanFebMarAprMayJunJulAugSepOctNovDec

Imari Ton-Ten-Ton Festival in Saga Prefecture is well known as one of Japan’s three great fighting festival. It is a ritual of Imari Shrine. Its name comes from the sound of taiko drum beats. The sound of Ton-Ten-Ton drum beats signal the cue for the teams to run at each other crashing their portable shrines(mikoshi).
Two portable shrines(mikoshi), Aramikoshi and Danjiri, meet at various points throughout central Imari City. They are smashed together simultaneously until one mikoshi falls back.

On the final day of the festival, you can see the climax of the festival, "Kawa-Otoshi Battle", a pair of portable shrines clash and rush down into the river. The winning team is the one who first brings their shrine up to the land, and they would be given good luck in the year to come.

Schedule:
10/24] The soul putting the affair
[10/25] the awning
[10/26] Main festival
[10/27] Main festival

Venue: Imari Shrine
Address: 83, Tachibana-cho, Imari City, Saga
Access: 10 minute walk from Imari Station of JR



PurposeFestivals,easily accessible,thrilling,parade,experience,men,shrine/temple,sightseeing,shopping,let's hang out!
Airport/Sta.Imari sta. (about 800m) Google Transit

Reviews

5.05 months ago

This shrine is currently undergoing construction on the base buildings, however the upper levels are still open. This shrine is particularly of note as at open of the upper levels is a monument to Morinaga, founder of the candy company and born in Imari. It’s peaceful walking around this shrine next to the river. During Ton Ten Ton, this shrine has a lot going on and it’s worth stopping in at that time.

5.02 months ago

2019年 9月参拝。

すぐ隣に 伊万里川が 流れる 海の河口に
近い お社です❗ 
赤と白の楼門。伊万里焼❓の 案内図… 
とても、歴史のある 所でした❗ 

楼門からの 階段は 急勾配…💧 緑も多く
とても、癒されます🎵

社務所は、拝殿の隣にありましたが…
どうやら 下に新しく出来ていた様で… 
ご用の方は、こちらへ…と、電話が 書いており…
暫くすると、来て下さり 書いて戴けました🎵
1体 500円でした❗ 
親切に対応して 下さいました🎵
駐車場も、鳥居横に 10台ほど 止められましたよ❗

5.04 months ago

伊萬里神社は、伊万里城跡の東側の伊万里川のほとりある神社です。
創建は古代、不老長寿の実とされていた《ときじくの
かぐのこのみ》今で云う処の橘が日本で最初にここに植えられた事に由来します。
そして橘はお菓子に良く使用された事から、中島神社というお菓子の神様を御祭神とする摂社を併せ持っています。
旧県社の香橘神社と戸渡嶋神社、岩栗神社が合祀され1962年(昭和37年)に現在の伊萬里神社が成立しました。
また、伊万里出身の森永製菓創業者である製菓王・森永太一郎の胸像が境内に建立されています。

5.07 months ago

ユダヤを出発した神々は西日本全土に漂着しております、目的なくして来たのではなくて日本にユダ国を作るのが目的です、当時の14代王朝マナセ王は自分の代で終わりだと分かっていたのです、3.4.5月ころの黒潮の高いときに出てきましたら西日本に漂着します、黒潮は西日本を過ぎましたら右に曲がりまして太平洋に向かいますから神々は西日本に漂着したのです、何年かかけて出てきていますが、やはり日本に来たあとはユダ国は滅亡しています、中でもこの伊万里湾に漂着した集団は伊万里の神や愛宕の神であり、近くに愛宕山があるのを見れば、何らかの形でお祀りされているはずです、さて紀元前670年頃には伊万里神は伊魔離神の名称だったのが、転々と名前がかわったのでしょう、この伊万里市の端に伊勢町といいます地名がありますのは、まさしく、この伊魔離神が伊勢の内宮に皇太神宮としていったものです、古事記や日本書紀は朝廷が記載さしていますから、このように神社名は転々とかわりますし、ご祭神も次々と変わりますから、混迷するばかりでしょう、イザナミ、イサナギ神と記載しているなら、みんな納得すると思うていたのでしょう、本来はここから阿波の国の神山に行きまして卑弥呼(天照神)と再会しましてキノベ山に降りて来まして最後まで卑弥呼を看とりました、のちに、スサノウ神や大山杭神らに伊勢に来るように勧められて、最終的には伊勢の天照神になったのです、伊勢志摩の文字をよく見てください、魔の文字を変えたのです、この神がいたからこそ、下関を抜けて古代の貿易ができたのです、おそらく知恵の神の愛宕神とは同じころにきていますので、スサノウ神は宗像三女神をいただいたのです、詳しくは私の記載しました、阿波の国の伊魔離神社をみていただけるなら、理解できるとおもいます、正しくこの神こそが、伊勢の天照神なのです。追記、高文化をもちこみましたから土着民は神と仰ぎました、そして、大予言をしますから彼らは神となりました、もしも、現在 高文化を持ち込み携帯電話なしでINSPIRATIONでアメリカと話ができたり、乗り物に乗らずにワープできます、瞬間移動ができるような人物がきましたなら、私たちは神と呼ぶか、あるいは宇宙人と呼ぶでしょう、当時はそれくらいの改革があったものと思われます。

5.03 months ago

令和元年8月12日参拝しました。御朱印頂きました。
今社務所を改修工事中で後1から2ヶ月くらいで終わるそうです。駐車場は高校の入り口横に10台程度のスペースが有ります。