Oct/25 - 27, 2019 Imari Ton Ten Ten Festival

Sightseeing information about Oct/25 - 27, 2019 Imari Ton Ten Ten Festival in Japan.


Oct/25 - 27, 2019 Imari Ton Ten Ten Festival4.3

LINEで送る
Go to this eventGoogle Transit

 from 10/25 '19 to 10/27 '19

GoodSeasonJanFebMarAprMayJunJulAugSepOctNovDec

Imari Ton-Ten-Ton Festival in Saga Prefecture is well known as one of Japan’s three great fighting festival. It is a ritual of Imari Shrine. Its name comes from the sound of taiko drum beats. The sound of Ton-Ten-Ton drum beats signal the cue for the teams to run at each other crashing their portable shrines(mikoshi).
Two portable shrines(mikoshi), Aramikoshi and Danjiri, meet at various points throughout central Imari City. They are smashed together simultaneously until one mikoshi falls back.

On the final day of the festival, you can see the climax of the festival, "Kawa-Otoshi Battle", a pair of portable shrines clash and rush down into the river. The winning team is the one who first brings their shrine up to the land, and they would be given good luck in the year to come.

Schedule:
10/24] The soul putting the affair
[10/25] the awning
[10/26] Main festival
[10/27] Main festival

Venue: Imari Shrine
Address: 83, Tachibana-cho, Imari City, Saga
Access: 10 minute walk from Imari Station of JR



PurposeFestivals,easily accessible,thrilling,parade,experience,men,shrine/temple,sightseeing,shopping,let's hang out!
Airport/Sta.Imari sta. (about 800m) Google Transit

Reviews

5.0a year ago

This shrine is currently undergoing construction on the base buildings, however the upper levels are still open. This shrine is particularly of note as at open of the upper levels is a monument to Morinaga, founder of the candy company and born in Imari. It’s peaceful walking around this shrine next to the river. During Ton Ten Ton, this shrine has a lot going on and it’s worth stopping in at that time.

4.03 weeks ago

川沿いにある伊万里神社。
まず社務所が立派。ご朱印は上へ上がった場所でって案内あり。
楼門が竜宮みたいで下関市の赤間神宮を思いださせる。
境内略図が陶器で作ってあり、さすがは伊万里と思わされる。
楼門をくぐると明らかに神域の気が流れており、手水舎に蓋があったのが初で驚きだった。
左手にご朱印の授与場所があったが、不在時は電話番号で連絡が必要みたい。
参拝済ませてから電話して書いてもらってる間に色々と境内を見ました。
ご朱印の日付に「葉月」と初めて和風月名を書いてもらいました。
色んな神社を参拝させて貰ってますが、初めてな事が2つも。
良い経験でした。
ご朱印は500円でした。

5.07 months ago

SAGARICH2020年1月号の初詣特集にて掲載させていただきました! 遠い昔、不老長寿と呼ばれた実(お菓子の中で最上と言われた「橘」のこと)がこの地に一株植えられたことが起源といわれている伊萬里神社。フォトジェニックと話題の赤い楼門や、崖壁に張り付くようにそびえ立つ楠の木は訪れる者を圧倒します。ぜひ一度訪れてほしい神社です。詳しくはSAGARICH1月号にて✨

5.0a year ago

伊萬里神社は、伊万里城跡の東側の伊万里川のほとりある神社です。
創建は古代、不老長寿の実とされていた《ときじくの
かぐのこのみ》今で云う処の橘が日本で最初にここに植えられた事に由来します。
そして橘はお菓子に良く使用された事から、中島神社というお菓子の神様を御祭神とする摂社を併せ持っています。
旧県社の香橘神社と戸渡嶋神社、岩栗神社が合祀され1962年(昭和37年)に現在の伊萬里神社が成立しました。
また、伊万里出身の森永製菓創業者である製菓王・森永太一郎の胸像が境内に建立されています。

4.05 months ago

伊萬里神社

いまりじんじゃ

佐賀県伊万里市立花町83

祭神

橘諸兄

香橘神社(こうきつじんじゃ)
戸渡嶋神社(ととしまじんじゃ)
岩栗神社(いわくりじんじゃ)
が合祀され伊萬里神社と
なる

香橘神社は社伝では
垂仁天皇の代に天皇の命で
常世の国から不老長寿の
妙薬と称された
非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)を
持ち帰った田道間守命
が帰途この地に非時香菓を植えたとの
伝承があります

お菓子の神でもあり
伊万里出身の
森永製菓創業者である
森永太一郎の胸像があります