May/18 - 26, 2019 Horan Enya Festival

Sightseeing information about May/18 - 26, 2019 Horan Enya Festival in Japan.


May/18 - 26, 2019 Horan Enya Festival4.6

LINEで送る
Go to this eventGoogle Transit

 from 5/18 '19 to 5/26 '19

GoodSeasonJanFebMarAprMayJunJulAugSepOctNovDec

One of the top three boat festivals of Japan, "Horan-enya" has been celebrated since the Edo era in Matue City, Shimane Prefecture. A procession of boats protects the boat carrying the deity from Jozan Inari Shrine all the way down the Ohashi River to Adakaya Shrine, the most flamboyant of which are five “Kaidenma-sen.” The crews decorate these boats in unique and traditional styles, and the rowers chant while dancers in bright Kabuki makeup and costumes dance with batons and oars on either end of the boat. The festival lasts nine days both on land and on the water and takes a year to prepare. You can visit the Horan-enya Memorial Hall to experience a small taste of this festival at any other time.

Access: 5-min walk from Matsue Station of JR San'in Main Line

PurposeFestivals,should go,,parade,Traditional folk,shrine/temple,sightseeing,major
Airport/Sta.Matsue Sta. (about 2km) Google Transit

Reviews

5.0a year ago

This little shrine is very cute with lots of little foxes which is relatively rarely seen.

5.0a year ago

This little shrine is easy to miss but worth a look. Lafcadio Hearn loved the statues which are still standing, and the city's main festival performs dances here annual.

4.02 years ago

A quiet, picturesque Inari shrine with numerous stone statues of the agricultural fox god, tucked away on the far side of Matsue Castle. Worth the extra walk.

4.02 years ago

A beuatiful old shrine that most miss because they use the main gates at Matsue Castle.

5.0in the last week

2019 5 17

本日、城山稲荷神社にて参拝させて頂きました。一昨年の秋に一度参拝させて頂きました。二度目の参拝になります。

明日は、ホーランエンヤの渡御祭ですね🎵

〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️

2019 5 18

今日は、10年に一度行われるホーランエンヤの渡御祭です🎵凄い人出です❗

沢山の若者が熱心な演技をしております。感動しました🎵一番目立つのは、前と後ろの踊り手ですが、歌を歌う方も船を漕ぐ方も皆一生懸命なされております❗素晴らしいものを拝見しました🎵

〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️

ホーランエンヤ

「ホーランエンヤ、エンヤサノサッサ・・・」
川面に力強い歌声が響きわたる。その唄に合わせ、何万人もの観衆の注目を浴びながら歌舞伎役者に扮する「剣擢」が勇壮な踊りを繰り広げる。櫓に置かれた四斗樽の上で華麗な身のこなしを披露する「采振り」が、采で大きく弧を描きながら天を仰ぐ。そろいのはっぴ姿の男たちが唄に合わせて一糸乱れず櫂をこぎ、あどけない子供たちが太鼓をたたく。水上を舞台に、百隻もの船が五色の旗を風になびかせけんらん豪華な時代絵巻さながらに行列を成すその祭礼に、橋や川岸に詰めかけた観衆から大きな拍手がわき起こる。

松江市の城山稲荷神社と東出雲町の阿太加夜神社の両社で執り行われる10年に一度の式年行事「ホーランエンヤ」である。

〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️

城山稲荷神社(じょうざんいなり)

 初代藩主堀尾茂助吉晴公がここ亀田山に築城の際、この山にあった他の社寺はそれぞれ移転したが、この地にあった若宮八幡宮はそのままこれを守護神として祀った。その後、松江藩の基礎を築いた松平直正公(堀江吉春公から数えて3代目で、家康の孫にあたる)が城内に勧請した神社で名工・小林如泥作の木狐を神宝とするのが城山稲荷神社。境内には1000体以上もの狐が奉納されている。かっては2000体以上もの狐があったと言う。
 松江をこよなく愛した明治の文豪・小泉八雲が通勤途中に毎日のように立ち寄った神社のよし。