Muroji Temple

Sightseeing information about Muroji Temple in Japan.


Muroji Temple4.1

LINEで送る
Go to this spotGoogle Transit
GoodSeasonJanFebMarAprMayJunJulAugSepOctNovDec

Muroji, in the mountains of eastern Nara Prefecture, is a temple of the Shingon sect of Buddhism built in the 9th century. Unlike others Shingon temples, including the one headquartered at Koyasan, Muroji never excluded female worshippers, thus referred to as "Women's Koyasan". This area was considered a holy place, and when an emperor became ill in the 8th century, priests were sent here to pray for his recovery.

The complex has a number of national treasures and important cultural properties, including the wooden-shingled Kondo Hall that houses numerous wooden Buddhist statues. The 16m-high, five-story pagoda was severely damaged in the typhoon in 1998 but has been restored.

Purposeelderly,surreal&cool,spiritual places,nature,women,mysterious lands of Japan,shrine/temple,art,sightseeing
Airport/Sta.Osaka International Airport (about 61.9km) Google Transit

Reviews

4.0a month ago

Muro-ji is buddhist temples it has origin of the 8th century. There is a bus line connect from Muro-ji-guti Ono station (Kintesu line) to this temple.
Location, it’s surrounded in silent valley and forest. The wooden temple and status are taken aging on flow of the time. Rusty and faded color with grace make us calm and have a great experience in all season. also if you know photographer Ken Domon , you’ll have more impression at this place.

5.0a year ago

This place was incredible at night. Seeing the lit autumn leaves in the freezing temps!

5.02 years ago

Spectacular colours here in Autumn. This buddhist temple setting is serene in a forest environment. Just a lovely spot. Including a helmet headed buddhist monk busking with a bamboo flute. 16th century style. The helmet was worn to manifest the absence of ego.

5.0in the last week

お役立ち情報のみ記載しておきます。

一.近鉄の室生口大野から室生寺までは歩く距離ではありません。車もしくはバスかタクシーでの移動となりますが、バスの便があるのは室生寺の拝観時間までで、その頃を過ぎるとタクシーも呼べなくなります。室生寺の門前にはいくつかの宿がありますが、夕方以降のチェックインを検討している方はご注意ください。
二.春秋の観光シーズンには室生寺~長谷寺間の臨時バスが運行されます。これを活用すれば効率的に巡拝できます。
三.奥の院までは結構歩きます。急な階段もあります。歩きやすい靴と服装をお勧めします。
四.金堂内陣から参拝できるのは春秋の特別拝観の期間に限られますが、外からでも仏像はしっかり堪能できます。
五.室生寺から歩いて十五分ほどのところにある龍穴神社もなかなか雰囲気のあるところですが、神社の奥にある吉祥龍穴まで行って室生寺まで戻って帰ってくるには一時間ほどかかります。旅程との兼ね合いにご注意ください。
六.室生口大野駅近くにある大野寺からは、室生川沿いの断崖絶壁に刻まれた見事な弥勒磨崖仏を拝めます。こちらも素晴らしいものなのでお見のがしなく。

お寺の評価は文句なしの★五つです。石楠花と紅葉の見頃であればさらに魅力が増します。アクセスは良くはありませんが、わざわざ訪れるだけの価値はあります。

5.02 months ago

門をくぐると別世界です。明らかに空気が違うのを感じられ、歩いているうちに自分がどんどん落ち着いていくように思います。
奥の院までは入り口から石段が700以上あるそうですが、是非たっぷり時間をとって行ってみて欲しいです。
あと森の中の五重塔のしっとりとした美しさや、金堂におかれた観音様などの国宝重要文化財群の凄まじさ!
見所がありすぎて一日中いていられます。特に十一面観音様のかわいらしさ、十二神将のおかしみは見飽きることがありません。
門前のよもぎ餅やにゅうめんもおいしい。
あと歩いていける範囲に龍穴神社がありますのでそちらも寄ってみてください。室生寺とはまた違う鳥肌のたちそうな神秘的な空気が味わえます。
長谷寺とあわせて行かれるかたも多いと思いますが、半日づつ使って一日で二ヶ所が堪能できる限界かなと思います。ゆっくり宇陀の空気満喫してください。

Spot Reviews (0)