Oshu City Traditional Crafts Museum /Oshu-shi Dento Sangyo Kaikan

Sightseeing information about Oshu City Traditional Crafts Museum /Oshu-shi Dento Sangyo Kaikan in Japan.


Oshu City Traditional Crafts Museum (Hall of Cupola)/Oshu-shi Dento Sangyo Kaikan (Cupola no Yakata)2.2

LINEで送る
Go to this spotGoogle Transit

A museum featuring the traditional Nanbu Ironware, the famous cast metal brand in Mizusawa, Oshu city, Iwate prefecture. It exhibits the excellent casting works of old and new, a mock up of the foundry in the early Meiji period (the late 19th century), and a video screen which shows the manufacturing process of today.
A variety of ironware including kettles, wind chimes and ornaments are available at the gift shop.

PurposeTraditional folk,sightseeing,shopping
Airport/Sta.Sendai Airport (about 114.2km) Google Transit

Reviews

4.011 months ago

南部鉄器の歴史と製造工程を学べる資料館。
順に追っていくと、職人による南部鉄器の技術の高さに驚きます。
せっかくこんな素晴らしい日本の技術があるのに、資料館周辺は閑散してて少し残念でした。
他に何か誘致が出来れば、もっと知れ渡ることを期待してます!

大谷翔平選手の出身地もあって、入口入って目の前にユニホームやプロフィールが紹介されてました。

4.0a year ago

伝統地場産業である南部鉄器を紹介する会館です。
平泉文化が花咲く以前から、この地に鋳物師を招き鉄器を造り始めたのがルーツとの事です。
会館では鉄瓶の製造工程を展示しており、見学することが出来ます❗️
最近は郷土出身 大谷翔平選手の右手のオブジェと握手出きる他、ユニフォームも展示しております。
普段は入場料200円ですが、シーズンズに因っては無料と成ります❗️
会館の隣には南部鉄器の直売所が有ります。
東北新幹線「水沢江刺駅」から徒歩3分ですから、時間待ちには最適な伝統産業会館キューポラの館です。

2.0a year ago

駐車場の案内がなく、閉館30分前に到着。車は、雪の下にうっすらと白線が見えたので、会館の前に駐車しました。
係の方はやる気が皆無の様で、素っ気なく一人200円と言い、案内もなく奥に行かれました。
南部鉄器の製法の前に、大谷翔平氏の展示が大半を占め、奥に雑然と南部鉄器の製法が展示されていました。
館内は寒く、暖房は事務室を除いて切られていたので、防寒対策が必要です。

仙台藩領内の水沢で何故南部鉄器の記念館があるのか不思議でしたが、併設の売店で盛岡(南部藩)との違いを教えていただき理解しました。本来なら伝統産業会館側の仕事と思われますが、閉館間際の為か案内が全くなく残念でした。

職員氏の余りのやる気のなさ、伝統産業会館の名前をやめ、大谷翔平記念館にするのがよいと思われます。

3.08 months ago

隣の売店だけ入りました。商品がピンきりなのでお金に余裕をもって行くべきです。高いのと安いのを並べているのでなぜ高いのかよく解ります。職人技がスゴいです。

5.011 months ago

水沢江刺駅に隣接しているので乗る前に寄れます。もちろん南部鉄器の博物館と大谷選手の紹介コーナーが充実していますので退屈しませんよ。

Spot Reviews (0)